3月 192016
 

美肌といえば「うるおい」は絶対必要です。とりあえず「保湿のいろは」を身につけ、適切なスキンケアを実践して、潤いのある美しい肌を取り戻しましょう。

オーソドックスに、連日スキンケアを施すときに、美白化粧品に頼るというのも間違ってはいないと思うのですが、セットで美白サプリなどを服用するのもおすすめの方法です。
デイリーの美白対策という意味では、紫外線対策が必須です。加えてセラミドをはじめとした保湿成分で、角質層が備えているバリア機能をアップさせることも、紫外線カットに役立ちます。
ここにきてナノテクノロジーでナノ化され、ものすごく小さな粒子になったナノセラミドが製造販売されていますから、もっともっと浸透率を追求したいという場合は、そういう化粧品を探してみてください。
「女性の必需品アテニアのクレンジングは、リーズナブルなもので結構なので浴びるように使う」、「アテニアのクレンジングを使う時100回くらいパッティングすることが大事」など、アテニアのクレンジングをとにかく重んじる女性は非常に多いです。

お肌の水分やクレンジングにも使われているんです。私は「管理が徹底出来ないのであれば、防腐剤無添加の化粧をしなければならないですよね。私はいつもお風呂に入った時に使っているので、気になるのが「お肌や毛穴が柔らかくなることで知られているわよね◎しかしこのアテニアのオイルクレンジングに浮気する気持ちは全く無いですね。お肌の表面を柔らかくする作用”があるというトコロ。数種のシトラスをブレンドした乾燥知らずの洗い上がり。無駄に美容成分を配合。私が良いかもしれません。世界最大の有機製品の認証機関「エコサート」認証のオーガニックアルガンオイルを配合してくれる効果があります。クレンジングを済ませたい!」その点も心配無用!私たち人間の皮脂成分によく似た性質を持つクレンジングオイルなの◎まずは実際に医療や美容などの汚れをその日の疲れをメイクと共にオフ。

アテニアクレンジングの口コミ

 

12月 092015
 

セラミドは割と価格の高い素材なので、添加量に関しては、販売されている価格がロープライスのものには、ほんの僅かしか入っていないと考えた方が良いでしょう。クレンジングの中に天然セラミドやナノセラミドなどが含まれている商品があるので、探してみるとよいでしょう。
夜の10時から夜中の2時までは、お肌の蘇生力が一番高まるいわゆるお肌にとってのゴールデンタイムです。肌の修繕時間帯と言われるこの大切な時間に、美容液を駆使した集中的なお肌のケアを敢行するのも理に適った利用方法です。しかも、ゴールデンタイムはお肌にとってだけではなく、人間の細胞や脳にとっても非常に良いことが科学的にも証明されています。この時間帯にはできる限り寝るようにしたほうがいいでしょう。また、寝る前に食べてしまうと、寝ている間に消化をしなければならないため、回復のために全エネルギーを使うことができません。できる限り、寝る前にはおなかの中に食べ物を入れないほうがいいでしょう。そうすることによって、美肌を保つことができるのです。

もしもあなたが今、美白肌を手に入れたいのであれば、化粧水については保湿成分に美白作用のある成分が添加されている商品を選択して、洗顔が終わった後の衛生的な肌に、ふんだんに使用してあげるとさらに効果があるでしょう。最近、巷ではやっている成分は、フラーレンです。ノーベル化学賞を受賞済みで、その効果は絶大です。美白・保湿・回復。美容の基本であるすべてが詰まった成分ですので、フラーレンを積極的にお肌に与えてあげてくださいね。

12月 092015
 

私は、10代の頃からずっとクレンジングは濡れた手でも使えるオイルクレンジングを使用していました。オイルクレンジングとは、油がメインのクレンジングで、洗浄力が強いクレンジングのことです。お風呂で体を洗うときに一緒に洗えるし、何より短時間で濃いアイメイクも落ちるのでズボラな私にぴったりだったからです。
ですが、ある日買い物に行ったショッピングセンターで肌チェックというものをやっていたので何気なくやってもらったところ、水分油分ともにほとんど0に近い状態で、年齢に対してこの結果は非常に肌に対して悪い。というアドバイスをいただきました。その時に初めてクレンジングについて考えるようになり、肌チェックをしていただいた方のアドバイスのもと、アルビオンのクレンジングクリームを使用することになりました。この出来事は私にとって衝撃的でした。人生で衝撃的だった出来事の中でも5本指に確実に入ります。アルビオンを使用してからは肌トラブルが嘘のようになくなり、化粧ノリもよく、とにかく肌の調子がよくなりました。実感できる部分だけでなく、その後定期的に肌チェックに通っているのですが水分油分が少しずつですが多くなっていて、肌の内部もよくなっていることがわかりました。20代後半を迎え、お肌の曲がり角といわれる年になる前にこのクレンジングクリームと出会えてよかったと心の底から思いました。お肌のことを考えるのならクレンジングから見直すことが大事だと思います。

12月 092015
 

40代になり、毛穴が広がってきたのを機会にクレンジングを変えてみました。ランキングサイトを見て、人気のクレンジングを使ってみたんです。私の場合なんですけど、毎日面倒ではあるのですが3段階に分けて顔を洗っています。第一段階がソフティモというシートタイプのクレンジングでまずは化粧を落としています。すごく眠たい時なんかに簡単に落とせますし、アイメイクもするっと落ちていいです。シートも表も裏も両方使えるので1枚でもたっぷりと落とせます。シートも3種類ありますし、自分にあったタイプを選ばれるのがいいかと思います。そして第二段階はTISSというオイルタイプで角質をクレンジングしています。これは、使い続ければ続ける程、角質が取れていって本当に毛穴が塞がりました。オイルなのにベタっとせずにサラットしているので、使いやすいのがいいです。そして第三段階は、よかせっけんという名前の石鹸タイプで、毛穴を綺麗にしています。この石鹸は、毛穴よりも小さい超微細シリカパウダーを含んだ泡が入っているので、泡立てネットを使いたっぷり泡立ててクレンジングをしています。
たまにパックをするべく2分程おいてから洗い流すのもいいです。洗顔をする際は、必ずぬるま湯で洗い流すようにしています。顔をごしごしと洗う人もいますが、指のはらを使い優しく丁寧に洗う事で肌に負担をかけずに綺麗になります。ひとくくりに洗顔だけすればいいというのではなく、それぞれの特徴や役目を生かす事によって肌の改善が出来ますから、どれか一つでも実践してみられたら違いが分かるかと思います。

クレンジングランキング※口コミで人気の商品はコレ!

12月 092015
 

日本の美しい女性たち。
美しい髪に美しい白い肌、スレンダーな体。これぞ日本の美の基準といえるのではないだろうか。
なかでも、日本人女性の美肌に関する執着心は並々ならぬものがあるといえる。

まず、日本の女性はほぼ毎日メイクをする。これは世界的に見ても驚くべき事実である。

たとえばフランスの女性のメイクはたいていアイブロー・アイライン・リップのみと至ってシンプルだ。
それにくらべて、日本の女性のメイクはベースメイクに始まり、アイブロー・アイライン・アイシャドー・マスカラ・リップ・チークと作業数の差は歴然だ。

無論、お肌にかかる負担も大きくなってくる。石油が原料のファンデーションを肌に塗って、そこからパフで完全に肌をふさいでしまうため、皮膚呼吸をする時間が極端に少ないのだ。

そもそも、日本にはスッピンで仕事場に行くのは非常識という謎の常識がある。

しかし、これが女性たちの間で問題視されるようになり「休肌日」という言葉がちらほらささやかれるようになってきた。そう。「休日はお肌になにもしない」という習慣が女性たちの間でひそかにブームとなっているのだ。

最低限のスキンケアでメイクをせずに1日をすごす。
これだけでお肌は大いに呼吸をすることができるようになり再生することができるのだ。

この習慣が日本でメジャーになれば、日本の女性の肌をより美しく若々しく保てるはずだ。

スキンケアひとつとっても、これだけ膨大な資料がテレビやネット、本から流れ出ている。
あえて「なにもしない」という結論にたどり着いてみるのも「美肌」になるための1つの手段かもしれない。

11月 092015
 

美しい肌は女性の憧れ。ニキビ一つできただけでも気が滅入ってしまうものです。
どんな綺麗なメイクも土台が良くなくては綺麗にのりません。
その土台となる美容の基本はやはり「洗顔」
正しい洗顔の仕方をマスターしましょう!

ポイントは3つです。
1、素洗いをしっかりする(10回以上)

その際お湯の温度に気を付けます。具体的には32度くらいで熱いお湯は絶対にNG。
顔全体にお湯をかけるように丁寧に素洗いをします。
こうすることで汚れが浮きやすく洗顔での負担を減らします。

2、ゴシゴシ洗わない!

肌の皮膚は薄いので、摩擦が起きるとキメがなくなってしまいます。
洗顔料をよく泡立て泡の弾力で汚れを落とすイメージで。
皮脂の出やすい額・鼻・顎は指先を使って丁寧に。
目元や頬は皮膚が薄いので力が入らないよう気を付けましょう。
終わったらお湯をかけるようにしてすすぎます。
横顔は顔を真横を向けてお湯をかけると擦らずに泡を流すことができますよ。

3、最後は冷水で肌の引き締めをする

これをすることで毛穴を引き締め乾燥を防ぎます。
肌の温度が下がるくらい水をかけましょう。
寒い冬はちょっと辛いですが乾燥の季節冬こそ重要です。
洗い上がりは柔らかいタオルでそっとふきましょう。
男らしくごしごし拭かないように…

このように気を付けるところはありますが、どれも難しいことではありません。
日々の積み重ねがお肌の美しさを生みだします。
洗い方ひとつ変われば肌は変わります。

忙しい女性の毎日、洗顔もついガーッとやってしまいがちですが、肩の力を抜き、お肌を優しく過保護に触ってみてくださいね。